サザビー

登場作品  機動戦士ガンダム逆襲のシャア

バンダイ 1/144 サザビー使用

 ナイチンゲールのつなぎとか言う悪ィ子はいねぇがぁ!!

 てなワケで、プラモコンテスト出品用のサザビーです。
HGUCじゃなくて旧キットです。その辺は日記の方を読んでいただけると分かるかと。いやはや、まさかホントに製作中にHGUC化されるとは。いっそこの調子でジェガンやギラドーガもリファインしてほしいですね。てゆーかして下さい。

 色は実際にはもうちょっと赤黒くてワルそうなカンジです。「マルーン」という色をエアブラシ塗り。他の黒とかはいつものように筆。
 本来黄色の部分は金属っぽさとゴージャスさを出す為、なにより「黄色は発色弱くて面倒だからヤダ」という理由でゴールドに。これが思いのほか効果的で、予想以上に暗くなっちゃった全身に対していいアクセントになりました。そういえばホビー誌の作例もゴールドで塗ってました。

 写真だと上手い事誤魔化されてますが、実はせっかくエアブラシ使ってるのに色ムラが出てまス(汗)。しかも塗ったのがじとじとジメジメな梅雨真っ盛りな時期なので光沢トップコートが思いっきりカブって中途半端に半光沢になってます。この辺り見抜かれると入賞危ういなぁ。

 真の漢は背中で語る。マッチョダンディーな後姿。

 ファンネルコンテナは付け根をボールジョイントに変更してあるのでグリグリ動きます。タンクはもうちょっと長い物に交換しても良かったかも。

 ほぼ塗装直前の状態。

 胸をほんのちょっとボリュームアップしたのと上半身を下から上へつぼめる様な感じに削り(「ハの字切り」というらしい)、二の腕を幅1ミリ、長さ2ミリ幅増し。
 頭部はアゴをシャープにして、モノアイレールを一度くり抜いてより「らしく」なるように作り直しました。それと首をまるごとアーマード・コアの別売り頭部パーツ「YH06−LADYB」(コトブキヤ製)の首の部分(の複製品)と交換。

 そして毎度お馴染み、手首は別キットの複製品。ドラグーン同様、HGドムトルーパーの物です。

 色々やってるように見えますがプロポーション自体そんなに悪く無いので全身いじりまくりにはならずに後はキットそのまま。

 問題は可動範囲。首、肩、手首、股関節、足首を全てボールジョイントに変更。逆シャア系キット最大の難点の肘も、付け根の丸い部分で一度切り離して回転軸を追加。これにより前方へ曲げる事も可能に。
 あと肩のカバー?みたいな物の付け位置を腕の付け根から肩アーマーに変更。おかげで5ミリほどの大胆な幅増しをするハメに。

 この全身の可動工作が全体のシルエットを大きく変える事に。肩がいかり肩になったり、脚を大きく広げる事ができたり。旧キットはこういう所が実に面白い。昔のプラモもそんなに悪くないんだなーと実感できます。

 で、問題の肘。

 肩アーマーの付け根はボールジョイントのボール部分に直径3ミリプラ棒を差し込んで延長したもの。このプラ棒と、上腕の丸い部分を切り離した物を接続するという仕組み。構造としてはコトブキヤのゲシュペンストと同じです。

 そして、肩の丸い部分と上腕をこれまたプラ棒で接続。横方向への回転が可能に。肘はウェーブのLジョイントに変更。周りはポリパテでそれっぽく造形して自然なカンジに。


 隠れてますが、上腕もシリンダーパーツやパイプスプリングでディテールアップしてるのでスよ?

 という訳で、旧キットも晴れてこんな腕の曲げ方もできるようになりました。現行キットじゃ当たり前にできますがね。

 幸いサザビーはデザイン上分割しても不自然じゃない構造だったのでできましたが、これがジェガンだったら・・・(見れば分かります)。

 そして塗り残し発見(汗)。

 足と足首の構造。

 本来一体化してるのを切り離してここでもボールジョイント接続。全体重を支える部分なのでかなりデカイ物を。この構造も他社のキットを参考にして作りました。

 また、コレのお陰でストレート組みの状態よりも数ミリデカくなる事に。

 同スケールのザク改との比較・・・ってデカッ!

 1年戦争時代のMSの大きさが大体17〜18mなのに対してサザビーは23mでその差5〜6m。スコープドックやガーランドを頭に乗せてもまだ届かないという事に。随分とデカくなったものです。そりゃ小型化したくもなるわな。

 ちなみにこのサザビーの全高が約18cm。HGUCが16cmらしいのでちょいオーバースケール?(ザク改は約12.5センチ)

 ハラ周り。ゴールドがよく映えます。

 動力パイプをコトブキヤのモビルパイプをウェーブのAスプリングで繋いだ物に変更。コレ使うのザクウォーリアー以来スゲェ久しぶり。

 スカートアーマーも一度分割して可動するようにしてあります。

 顔どアップ。

 顔から伸びてるのはコトブキヤのスプリングユニット(黒)。つーか首の接続に使ったプラ棒が丸見え・・・。

 モノアイはその辺のクリアーパーツのランナー輪切りにして磨いた物。裏面をシルバーで塗ってあります。いつも使ってた糊面も銀のシールがナゼか無くなってたのでやむなく。アレのキラキラっぷりは塗装以上なのに。

 そんなこんなで、ワタシの知識と技術とジャンクパーツ総動員のサザビーでございました。
                         

 追記

 コンテストの結果。なんと金賞でした。イヤッフゥゥゥゥ!(マリオ風に)

 賞品は金メッキの烈火武者頑駄無でした。どうやらモデラーズカップ2005の時の賞品みたい。もったいなくて組めないや。