ハーディガン(fg内ガンプラビルダーズコンペ仕様)

登場作品  機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91

バンダイ 1/100 ハーディガン使用

立体作品投稿サイト「fg」内で行われた「ガンプラビルダーズのガンプラバトルで自分が出るならこんな機体!」というコンセプトのコンペで作った物です。
 正直何作ろうか最後まで悩みましたが結局コレで。隠れ名シリーズ、シルエットフォーミュラで、もしかしたら一番出来がいいかもしれない隠れ名機体、ハーディガンです。もうココまで来ると今の子達は見たことすら無いかも。

 普通に作ろうとも思いましたが、せっかくだからというワケで、買うだけ買って結局使ってないアーマード・コアの武器パーツを付けてみたり、余ってたレッドミラージュのデカールを貼ってみたり、右肩とレーダーを赤く塗ってみたりと色んなネタを混ぜてみました。

・・・正直混ぜすぎて何がしたいのかよくわからん機体に仕上がっちまいました。

 正面。

 武装はほとんどアーマード・コアの物です。本体の身長自体ACのキットとほぼ同じなのでそのまま付けても大きさ的に違和感がありません。

 あと関節を地味に作りこんでます。
 肩は胴体側の受けの部分はホビーベースの関節技ロールスイングジョイントで引き出し式にしてます。が、肩アーマーが邪魔してあんまり引き出せません。ムヌゥ。
 腕側は同じく関節技の球体ジョイント。

 ヒジはボーダーブレイクのキットを作ると必ず余る、フレームアームズ用のヒジ関節を加工した物。以前作ったシルエットガンダムと同じです。

 足首も毎度お馴染みダブルボールジョイント。ホースみたいなのがチラ見してますがこれは100円ショップで買ってきた手芸用の「江戸打紐」というモノ。生産中止になったという「メッシュパイプ」の代わりになります。あまり使う機会が無さそうなパーツですが覚えておいても損は無いかと。色も何色かあります。

 手首はコトブキヤのノーマルハンドA。たまたま余ってた。

 後ろ。

 背中の赤いレーダーアンテナなんて分かる人にはイッパツで分かりそうなネタ。いっそパイルバンカーでも付けようかしら?

 ・・・というかどうせならジム系じゃなくてザクかドム系の方が似合ってるんじゃないかなぁ?とか後になって思ったり。

 バックパック両サイドには3ミリ穴のハードポイントを設けているので他のプラモの武器パーツを色々と積む事ができます。ただそのせいで本来付いてたビームサーベルラックが無くなってます。

 あと前腕の先端に付いてる2連ビームガンは2ミリプラ棒に1ミリ径の穴を開けたものでディテールアップ。ガーベラテトラのキットでも同じ事が出来そう。

 顔アップ。
 カメラアイはもともとクリアーパーツ。裏からラピーテープという定番工作。
 頭部バルカンは真鍮パイプ。
 首はアーマード・コアの頭部パーツの一部を複製したもの・・・というかかつて旧キットサザビーの時に使ったものと同じ。
 あとは襟が高すぎて顔と干渉して首が回らないので低く削ってます。

 それにしても何も考えずにミラージュマーク貼ってみたけどかえって悪目立ちしてるか・・・?

 一応本来の装備であるビームキャノンとビームライフルも製作。やっぱこっちの方がしっくりくるかも。
 そして意地でも右の赤レーダーは譲れない。

 ちなみに本来付いてたデカいシールドは塗装でしくじったのでそのままジャンク行き。合掌。

 ビームキャノンにもメッシュパイプ状のディテールがあったのでここも江戸打紐で。
 一昔前のロボットならこういう部分は結構あるのか?ゲシュペンストの足首にもこういうのあったし。







 というワケで好き勝手作ってみましたがいかがでしょうか?