11月11日

行ってまいりました、「モケイおじさんとモケイおにいさんの合同展示会in蒲郡Vol.17」。


↑アタイのチーム緑一色+布都。

今回は写真を撮りまくってきたのでそれを見ながらのレポートと言う事でひとつ。
とはいえさすがに全部はムリなのでコレはほんの一部。


まずはAFV。ワタシも最近注目しだしたジャンルです。
戦車の名前とか全然分かんないけど。
こうやって機械と人とを同時に展示して大きさをイメージできるのがイイですね。
1/35というスケールは。


フィギュア単体でも絵になる。そしてズラリと並ぶAFV作品。


この統一された土台、まさか同一人物が一人で作ったのか!?


そしてAFVといえばジオラマ。
もっと近づきたい所ですが危ないのでこれが精一杯。
顔とかスゲェ細かく塗り分けられてるの。


お次は飛行機。この展示会はむしろスケールモデルが主流です。


こうして見ると戦闘機もイイ!


\でけぇ/


毎月パーツが付いてくる雑誌のモデルをガチで仕上げるとこうなります。


コチラもジオラマ。人間一人一人の躍動感が見事。


F1、カーモデル。こちらもズラリと並んだF1。


まさかこれも一人で・・・?


他の色んな自動車。高級車から架空の自動車、色々と。
カーモデルの光沢仕上げにも毎回感服させられます。


痛車。ナンバー72!
これだけデカールを貼っても全然段差が出来ない技術ってのもスゲェ。


新旧豊橋のバス。


戦艦モデル。いつ見ても細けぇ・・・。1/500とか1/700とかそんな世界。


イカン、光が変に反射しよる。
組むのも塗るのも気が狂いそうですわ。


そしてガンプラ等のキャラクターモデル。
信じられないかもしれないがココではむしろこっちのが少数派。


戦いは数だぜ、兄貴!
これも一人で作ったもの。塗装もされてる。
ワタシもこれだけ作れりゃ積みプラなんて事も無いだろうに。


アッガイ無限の可能性。


ユニコーンのひとコマ。


ジオン残党のみなさん・・・ってここにもジュアッグが。
まさかアッガイ共々今になってマスコットとして愛されるとは誰が想像しただろうか。


MS界一パール塗装が似会うMS、キュべレイ。ふつくしい・・・。


こういうジオラマ作りてぇー!


その他キャラクターモデル。
ダンボール戦機のLBX。キットのまま組むも良し、自由に改造するも良し。


やたらとネタにされるミクさん。


写真じゃ分かりづらいけど中の人もしっかり乗ってます。


フルスクラッチのサーバイン!
設定画よりガッシリしてて異様に頼もしいカンジが。


シューターホイホイなR−TYPEのアローヘッド。
こうしてゲームのメカもプラキットとして作れるとは良い時代になったものです。


撮るのは俺で、撮られるのはお前だ!
フィギュアも少数ですがありました。


恐竜。フルスクラッチじゃろか・・・?


皮膚の質感とかマジパネェ。


鉄道模型と、恐らく同スケールと思しき学校の校庭。
たぶん「人」を認識できるギリギリの大きさ。

とまぁ、こんなカンジです。
どれもこれもクオリティがハンパ無ぇです。

ここまで写真を載せておいてこういうのもアレですが、
やっぱりその目で実物を見てナンボだと思うのですよ、模型は。
なんせ立体なのですから。感動もケタ違いですぜ。

そしてよろしければ、自分で実際に作ってみてください。
最近のガンプラならニッパー1本で相当イケるから!
器用不器用とか関係無いレベルで!
LBXならニッパーすらいらねぇ!

というワケで、スタッフの皆さんありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。