レギオス イオタ

登場作品 機甲創世記モスピーダ
WAVE 1/72 レギオス イオタ使用

元ネタのアニメは見た事無いのですがデザインが気に入ったので作ってみました。
今回は特に大掛かりな改造をする訳でもなく、それこそワンフェスやトレフェス作業の合間に、
サクッと1週間ほどで仕上げる・・・予定だったヤツです。
結局色々あって2週間ほど掛かってしまいましたが。

このレギオスは戦闘機から中間形態、そして人型と、どこかで見たよォな変形をする機体らしいのですが
キットは人型のアーモソルジャー形態のみを再現したもので、
余計なギミックも無いきわめてシンプルなロボットのプラモです。
組み立て自体は非常に簡単です。組み立てだけは。

問題は塗装で、パーツ数が抑えられているが故に色分けやパーツ分けがそこまで細かくなく、
マスキングが必要な箇所がいくつかあります。

それと意外に多いデカール。
全身いたる所に「DANGER」と書かれた注意書きがありオマエどんだけ危険やねんとか思ったり。
元が戦闘機だから航空機キットのノリなんでしょうか。ハセガワのバルキリーを彷彿とさせます(言っちゃった)。

可動に関してですが、一応全身一通り可動はしますが
最近のガンプラみたいなド派手なポーズはムリな模様。
関節の角度の微調整をするため、ぐらいの認識でいいかも。
ただ足首の可動範囲に少々不満があったのでここだけは改造してます。
足首側の軸を切り離し、3mm径のボール軸を付けてやるだけで簡単にダブルボールジョイントにできます。
効果の程は写真を参考に。

どちらかというと可動よりも優秀なプロポーションとディテールを楽しむ為のプラモ、
そんな感じのキットでした。
少々めんどい所もありますがしっかりと仕上げてやるとなかなか見応えのあるヤツになります。

先輩と夢の共演。

このバルキリーが1/100、レギオスが1/72だから相当小さいのかレギオス。

脚や腕のナナメの棒みたいな部分が黄色くなってますがワタシの勘違いです。
でもこれはこれでキレイだからまぁいいかなと。

足首の改造箇所。
右がキットのまま、左が改造後。
足首側の受けはキットのままでも充分イケます。