ジェガン

登場作品 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

バンダイ 1/144 HGUCジェガン使用

 ナゼかなかなかHGUC化されずに、結局逆シャア最後のHGUCリニューアルキットとなった連邦側のヤラレメカ、もとい傑作量産機ジェガンです。
 量産機好きのワタシももちろん大スキですよ。もしかしたら宇宙世紀の連邦系量産機の中では一番好きカモ。それだけにHGUC化を待ち望んでた・・・それどころか一向にされないから旧キットで作ろうかと切った貼ったしてたら発売が決まったりとかそんな。どうしよう、旧キット。

 旧キットでも良好だったプロポーションですが、HGUCになってさらに力強い印象に(無駄に強そう?)。何より旧キット最大の問題だったヒジの可動もバッチリ解消されています。といいつつ写真で「旧キットでもとれる旧キットの箱絵のポーズ」をとらせてみたり。

 合わせ目もほとんど無い絶妙なパーツ分割もまた見事。最近のガンプラってもはやコレが普通?

 出来が良すぎて逆にやる事がほとんどありません。せいぜいちょっとしたディテールアップと手首の交換ぐらい。

 頭部アップ。

 ゴーグル内部にはカメラアイが。一応シルバーで塗って金属っぽく。あんまり目立たないけど。

 成型上、どうしてもユルくなってしまうバックパックのアポジモーターのディテールを一度削り落として市販パーツに交換。

 ついでに動力パイプっぽい部分をスプリングパイプに交換。

 握り手、平手共にコトブキヤのアルブレードカスタムの物を複製した物を使用。こんな時のために9セットぐらい作っておきました。

 後は腰のウェポンラックのウラをプラ版で塞いだり、ヒザ関節の肉抜き穴をパテで埋めたり・・・とせいぜいやった事はこれくらい。むしろやってもやらなくても大して変わらないくらい。

 スタークジェガンに人気が集中してるっぽい気もしますがこっちも大変良質なキットでございますよ?