ハニエル

登場作品 ピコッとハニエル

 マイクロマガジン社が発行しているゲーム雑誌、ゲームサイドに連載中のマンガ「ピコッとハニエル」より。
 作者の久松ゆのみ先生とはちょいっと交流がありまして、随分前の話ですがmixiでハニエル立体化して欲しいってなカンジの事を言ってましたので、直接頼まれたワケでもないのに作ってみました。
 結構前の日記から作る作ると言っていた割りに色々あってなかなか作らなかったのですが、このたびゲームサイドが次号で休刊になる事が決定したらしいので急いで作りました。投稿作品の〆切が6月3日だったので。

 以前乱丸作った時の戦国ランスもゲームサイドで知り、その時の「少ない資料と自分なりのイメージとポージングで作る」というやり方が今の東方ネタに繋がる所もあるのでなにげに影響大きかったのかもしれませんね、この雑誌。

 さらに久松先生と「ファミプロ」こと恋パラ支部長さんともマイミク繋げさせてもらってたり、さらに時を遡ると「美食倶楽部バカゲー専科」を連載していたユーズド・ゲームズがゲームサイドの前身の前身だったりと思い起こせばなにかと世話になってたんだなーとしみじみ思ったり。





 
で、このハニエルですが、元はねんどろいどの高良みゆき(らき☆すた)を改造して作ってます。他に探せばもっと形似てたのあるだろうに・・・。
 ただ腕だけはそのまま使えたのは大きかったカモ(普段は半袖ですが第2話では長袖)。

 眉毛のデカールとアホ毛はコトブキヤのホイホイさんから流用。
 頭の輪っかはプラモのランナーの真ん中辺りにある丸い部分だけ切り離して整形したもの。
 首、脚にはイエローサブマリンの関節技球体ジョイントライトフレッシュを使用。ねんどろいど付属の関節をそのまま使えればラクだったんですがねぇ(壊れた)。

 首、腕、脚の他に手首、背中の羽、アホ毛が可動します。


 ちなみにスタンドもそのまま使用。思いっきり「(c)美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす」とか書かれてます。

 別の表情パーツと平手。

 「迷宮組曲オープニング画面で連射測定」を再現!・・・しようと思ったらウチのファミコンのコントローラーの状態がヒド過ぎて撮影できなかったのでスーファミで勘弁。
 というかこの服ならジョイスティックをみょんみょんさせた方がよかったかもしれないけどそもそもそんな物ウチには無ぇ!

 とまぁ、こんなカンジのコアなゲームネタ満載のマンガでございます。

 それにしてもサイズが少々小さいですね。塗装終わって撮影始めてからようやく気付いたですよ。