量産型ゲシュペンストMk−U

(カイ・キタムラ機)

登場作品 スーパーロボット大戦                                ORGINAL GENERATION2

コトブキヤ 1/144 ゲシュペンストMk−U使用

 スパロボオリジナルメカの中でも特にスキなゲシュペンスト。何色に塗ろうかと悩みましたがシブ〜くカイ少佐の緑で塗装してみました。ラッセル君のかも知れませんがカイ機です。
 アニメ版やPS2のOGSでは量産機は肩の先っぽが白くなっているので一度そのように塗ってみましたが、どうもそこだけ浮いたカンジになりますし、アニメ見てないしOGSやってなくてイマイチなじみが無いので全部緑にしました。ですからあくまで「GBAのOG2版」なのです。


 実はコトブキヤのスパロボシリーズを塗装までして完成させたのはコレが初めて。組んだだけってのはいくつかありますが。塗装して初めて分かりましたがあのシリーズ共通の色ごとの細かいパーツ分割のおかげで各部の塗り分けが非常にラクです。組んだ後でもある程度バラせますので。

 プロポーションもさすがは大手ガレージキットメーカーだけあって文句ナシ。握り手の側面が真っ平らなので指っぽいモールドを追加した以外は全くいじってません。

 可動についてもヒジがボールジョイントになっていて腕の表情付けの幅が大いに広がってます。

 とにかく非常に完成度が高い優秀なキットです。オススメですよ?

 さっきも書きましたが、色ごとに非常に細かくパーツが分けられていますのでそのまま組んでもほぼ設定どおりのカラーリングになります。その場合、ブルーの機体色のMk−UR型(もしくはS型?)になります。塗装の必要があるとすれば、つま先付近とフロントスカートの赤、ダクト内部の黒、額の黄色。そんだけ。ガンダムマーカーでちょこちょこっと塗ってやればそれだけでかなりイイカンジになるかと。

 あとカラーバリエーションが豊富なのもゲシュペンストの特徴。ブルーのままでも「R−GUNをマイに譲った後のヴィレッタ隊長の機体だ!」とか「オレは○○を乗せてた!」とか「実はシャドウミラーの機体だ!」とか色々脳内設定作って遊べますし、今回みたいに色を変えてみるもよし。黒く塗れば初代ゲシュぺンストですし、赤く塗ればカチーナ機。オリジナルカラーで「オレのゲシュぺ!」なんて事も。特定のパイロットが決まってない機体だからこそできる遊びですね。
 ちなみにカチーナ機やその他明るい色で塗装する場合は下地を一度白くする必要がありますので、成型色が白のコトブキヤショップ限定の「タイプTT」を使用すると手間が省けていいかも。通販でも買えるみたいですよ。

 量産型なら実弾兵器の方が似会うかな?というわけで同社のウェポンセットからロングライフルを拝借。大きさピッタリ。

 でもやっぱり素手が一番似会うかも。

 ジェットマグナム!!

 (量産機だけど)
 究極!ゲシュペンストキィィィック!!



今回あまりに気に入ったので写真いっぱい撮っちゃいました。手屁☆