ドラグナー1型カスタム

登場作品  機甲戦記ドラグナー

バンダイ 1/144 ドラグナー1型カスタム使用

 ホビーショップタムタムのプラモコンテスト出品用に作ったD−1カスタムです。スパロボやACEシリーズにも出てますので原作見て無くても知ってるって人も結構いるかも(つーか私がそんな人)。

 ガンダムじゃなくてもキャラクタープラモなら何でもOKという事なので、色々悩んだ末に、人気や知名度等を考慮して「君に決めた!」と。

 さすがに主人公機だけあってカラフルですね。でも脚の辺りを見てると某歯磨き粉を想像するのはワタシだけでしょうか?3色のアレ。


 今回は魂スペックでも大好評の大張版ドラグナー、通称「バリグナー」を意識しつつ、自分なりのアレンジも加えたりして(つまりやりたい放題)作ってみました。











 完成版、素組み、塗装直前の比較。

 キットはよく「顔がデカイ」「寸胴で短足」とか言われてるのでその辺の改修を中心に。

・顔
 一度眼から下の部分を切り離して、眼と口(?)の間を幅詰め。眼自体も一度削って作り直し。
 首はサザビーの時にも使ったアーマード・コアのヘッドパーツの一部。

・胴
 腰の部分で切り離して横だけでなく前面も削って細くしてます。逆に胴体横の丸い物は2ミリ厚くしてます。コレと胴体をスプリングで繋いでます。見えにくいけど。

・脚
 腿、スネ共に2ミリ延長。特にスネの延長は外装と内部フレームの両方しないといけないので苦労しました。
 あと赤と青のストライプの部分が一段盛り上がってるのが気に入らなかったので削って平らに。同時に削った分脚がちょっと細くなりました。
 さらにヒザの辺りが丸まってるのもパテで角ばらせてみました。足首のアーマーも先端を細くしてます。
 恐らく今回最も手がかかった部分。加工中外装パーツが何度張り合わせ面で割れた事か・・・(塗装中にも割れた)。

・肩、上腕
 肩アーマーが小さくてなんだか貧弱なので思い切って6ミリ横に延長。一気に異様に頼もしいシルエットに。所詮世の中ハッタリじゃよ。
 上腕の横にニョキっと出てる物は大張版D−1をイメージして。他のプラモのパーツの複製品を加工した物です。

・腰アーマー
 実はコレ、レッドミラージュの肩アーマーの先端部分の複製&加工した物。スプリングで繋いでいて可動します。

・手首
 コトブキヤのアルブレードカスタムの物の複製品。今回他キットからの流用多いなー。横の写真ではまだつけてませんが、手の甲に25ミリ機関砲もつけてます。銃口は銅線を抜いたリード線。先端だけちょこっと出てるだけなので案外これでもそれっぽく見えます。

・可動
 いつもの様に首、肩、股関節、手首はボールジョイント、足首はダブルボールジョイント。








 後姿。特にこれといっていじってないです。












 顔アップ。バリグナーっぽい?
 書き忘れましたが頭の赤い部分も根元で2ミリ延長してます。あの前に突き出てるのがスキ。

 機体各部のゴールドは、下にラッカー系のシルバーを塗った後に上から水性塗料のクリアーイエローを塗ってます。ゴールドそのものより大人しい感じの金色になります。今回のD−1はこっちの方が似会うかと。

 ちなみに今回の塗装は全部筆。あまりに筆ムラが酷い所(塗装中に破損した箇所の修正跡とか)は2000番のペーパーで平らにしてます。







 せっかく可動箇所も増やしたので色んなポーズをとらせたい所ですが、壊れるのが怖いのでまずはこの辺で。てゆーか壊れた。手首と股関節が。

 武器もレーザーソード(HGUCのGP02の物)と一体化した手首しか作ってないし。他の武器や手首もコンテストが終わって余裕ができたら作りたいです。と言っても作らない可能性特大。