クーガーT型 強襲兵装

登場作品 ボーダーブレイク

コトブキヤ 1/35 ボーダーブレイク クーガーT型使用


 セガから新しく出るアーケードゲームのロボットのプラモをコトブキヤが出す。
 という事でちょいとネタ収拾も兼ねてやってみようカシラ?とやりだしてどっぷりハマってしまったボーダーブレイクより、プレイヤーに最初に支給されるブラスト・ランナー(この世界のロボット)、クーガーT型です。

 このゲーム、頭、胴体、腕、脚を様々なパーツを自由に組み上げて自分だけの機体で戦うというゲームなので、正確に言えば「全身をクーガーT型パーツで揃えた機体」という事になります。
 主役機な立場だけど不遇な旧式。バランス型故に器用貧乏。でも上手い人の手にかかればあらゆる戦況に対応する万能型にも。「パイロットが性能を引き出せなければ!」というヤツなのカモ。

 このキット、コトブキヤが展開している「フレームアームズ」のフレームを使用している「クロスフレーム」と呼ばれるシリーズ。共通のフレームを使用することでコストの削減になるのですが、それによって原作とは違った形状になっている所もあります。
 ヒザや肩は気にならないのですが、顔のモノアイが無かったりや手首が同社のカスタムハンドそのまんまなのはちょっと目立つので原作に近づけるように改造してます。
 ・・・というか顔や手なんてフレームとは直接関係して無いじゃんとか色々とツッコミたくなります。これもコスト削減のアオリなんですかねぇ。

 顔のモノアイは内部メカをイラストを参考にそれっぽいのを作りました。レンズはハセガワのテムジンの小さなクリアーパーツに付いてる余分な部分とコトブキヤの3ミリ丸ノズル。
 バイザーはキットのパーツを複製した物を型にして透明塩ビ板(スーパーで買った惣菜のフタ)でヒートプレス。

 手首はコトブキヤの丸指ハンドAを加工して使用・・・と思ったらこの武器持ち手、そのままだと何も持てない(同社のウェポンセットも持てない。指の角度が浅すぎる)ので手に針金で作ったダボを付けて武器を固定してます。よって武器には穴があいてます。なんなんだこのパーツ。握り手と平手は良い形状なだけに実に惜しい。
 どうせならノーマルハンド付けて欲しかった・・・。カスタムハンドはビミョーにデカいのに加えて握り手や平手の表情があまり好きでは無いんじゃよー。

 フレーム自体の可動範囲は優秀ですが装甲が干渉して思うように動かない所もあるので、外からバレない程度に干渉部分を削っています。割りと簡単にできる可動改造。
 今回は腿のブースターの付け根と腰の部分を、マジックで塗った分だけ削りました。腰の方はあまり効果がありませんでしたが腿の方は大きく横ロールする事が出来るようになったのでポージングの際のストレスがかなり緩和されます。オススメ(ネットで拾った情報)。
 これでO脚だけでなく
少し内股気味にする事もできます。脚を大きく広げたポーズや立て膝で意外な効果を発揮します。
 削った所はブースターで隠れますし。

 「主」武装だけどM90「サブ」マシンガンのしゃがみ撃ち。ゲーム中では反動吸収と集弾率アップによって命中率を上げる中距離射撃での重要テク。
 上記の内股改造でこうしたポーズもキット状態よりも自然にとらせる事ができます。



 ここで書くのもアレですが、肩のマーキングはゲームには無い、コトブキヤのデカールユニットから拝借したものです。ただ普通に作るのもちょっと物足りなかったので。
 識別用IFFのランプはガンダムマーカーのメタブルー。色といい光り具合といいピッタリ。ただ手でさわると色が剥げるので動かしたりする時は触らないように注意。

 そして今回から本格的にエアブラシ導入。単色ベタ塗りでも早くてキレイ!

 初期装備と侮れないデュエルソード。威力は控えめながらその軽さと隙の少なさ、当てやすさから上位クラスでも愛用者が多い格闘武器。

 マシンガンは背中や脇腹、腕についてるラッチに接続可能。使わない武器をこうして収納できるといかにも「様々な武器を持ち替えて戦う」というカンジがして説得力がでますね。

 ガンダムのゲームとかやってると普段どこに武器をしまってるのか疑問に思う時もよくあったり。そのバズーカどっから出したみたいな。

 ブースターは差し替えで展開、収納状態を再現可能。
ここはキットのまま。

 ナゼか2丁ついてるM90サブマシンガン。ゲーム中ではできませんがせっかくなので2丁拳銃。
 改造して上位モデルを作れとでも?

 フレーム共通という事で、へヴィガードや後に出るシュライクのパーツとゲーム同様に組み替えることもできます。それどころか同じフレームのフレームアームズやブレイクブレイドどいった他作品のパーツと組み替えたり、カスタムハンドのままなら同社のウェポンセットやアーマード・コアの武器も持たせたり出来ます。もちろんカラーリングだって自由自在。

 常識に囚われない、プラモならではの楽しみ方も悪くないかもしれませんね。そもそもキットにマシンガン2つもついてるし。