TOP
白血病を知る
慢性骨髄性白血病とは
治療方法
  造血幹細胞移植
  グリベック療法
  インターフェロン療法
  化学療法
治療のリスク
医療費の問題
患者の精神ケア
家族の支援
闘病記録
使用した薬
副作用
筆者紹介
LINK
サイトマップ
ご意見・ご感想
治療方法

慢性骨髄性白血病の治療は病期によって異なります。慢性期は他の病期と比較して多くの治療方法がありますが、病気が進行するに従って治療方法の選択の幅が少なくなります。

ここでは、慢性期の治療方法について説明します。他の病期の治療方法については、ご医師に相談ください。

■慢性期の治療方法
慢性期の治療にはいくつかの方法があります。治療方法の選択は、病状、治療効果、副作用など総合的に判断するこになります。

○治療方法には大きく分けて次の4つがあります。
造血幹細胞移植 患者の骨髄を白血球の型(HLA)の一致したドナーより提供された骨髄に入れ替える方法です。
グリベック療法 慢性骨髄性白血病の新薬グリベックを服用する方法です。従来の薬と比較して副作用が少ないと言われています。
インターフェロン療法 インターフェロンと呼ばれる物質を注射することで治療する方法です。
化学療法 抗がん剤を用いる治療方法です。

 

参考:「治療方法」の選択(セカンドオピニオンの推奨

治療方法は、医師と相談した上で決めることが大切です。慢性期の場合いくつかの治療方法を選択することができます。医師は総合的に判断した上で、患者に最適と思われる治療方法を選択します。しかし、医師が判断した治療方法に不安や疑問があるときは、別の医師の意見を聞き参考にすると(セカンドオピニオン)よいでしょう。患者側も医師に任せきりにするのではなく、自身ででも治療方法とそのリスクを十分理解し、総合的に判断することが大切です。

(←)病期と症状:前 | 次:造血幹細胞移植(→)

 

 ■慢性骨髄性白血病■