TOP
白血病を知る
  血液の役割
  白血病とは
  白血病の発症率
  白血病の原因
慢性骨髄性白血病とは
治療方法
治療のリスク
医療費の問題
患者の精神ケア
家族の支援
闘病記録
使用した薬
副作用
筆者紹介
LINK
サイトマップ
ご意見・ご感想

白血病を知る

血液の病気は比較的症状が重いのが特徴です。白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、血友病などが代表的な病気です。この病気について理解するにはまず、血液の成り立ちと役割について知ることが大切です。

血液の役割

体の中を隅々まで流れてる血液には、酸素ホルモン、あるいは栄養素などを運ぶ役割があります。それによって生命の維持に非常に大事な働きをしています。それと同時に感染から体を守る役目もあります。また、血が出たらそれを止めるというような仕組みも、血液の中に備わっています。この血液は、骨の中にある骨髄という組織の中で作られています。特に頭蓋骨、胸骨、肋骨、背骨、骨盤の骨など、体の中心にある骨の中の骨髄が非常に活発に血液を作っているということが言えます。

血液には「赤血球」「白血球」「血小板」などで構成されています。「赤血球」は酸素を肺からもらい、全身にその酸素を配るという働きがあります。「白血球」は細菌やばい菌から体を守る働きがあります。この白血球にはいくつかの種類があり、主にバイ菌を食べる働きがある「好中球」や、ウィルスやガン細胞を攻撃する働きがある「リンパ球」などがあります。「血小板」は、血管の破れたところにくっついて穴をふさいで出血を止める働きがあります。

 

次:白血病とは(→)



参考:
白血球についてもっと詳しく(→)
 ■慢性骨髄性白血病■