CCAA ギャラリーフレンド

dmu.jpg


NPO CCAA  市民の芸術活動推進委員会 CCAAアートプラザ

Gallery_Ramp_A.jpg

ギャラリーフレンド

手で見るギャラリーの設立の趣旨

DSC_4735.jpg 視覚障害者にとって芸術体験が可能なのは、実際に手で触れることができる彫刻や立体作品を通じてです。このギャラリーは視覚障害者がいつでもそうした体験ができる場所として開放される場所です。そして、このギャラリーでは視覚障害者がいつでも芸術鑑賞ができるようにさまざまな素材の作品がいつも展示されています。また視覚障害者のみならず、健常者も触覚という感覚を改めて考えてみる機会を提供します。
このギャラリーは、すべての人びとが彫刻や立体作品を触って芸術体験ができるように環境を整えています。

上記のような趣旨でわたしたちのNPO法人市民の芸術活動推進委員会は「手でみるギャラリー」運営をしていきたいと考えております
LinkIconCCAAブログ「ギャラリーフレンド」記事へ

 

ギャラリーフレンドの新しい作品

 この作品はランプ2(ホール)に常設の予定です。

柳井_00.jpg
柳井 嗣雄   
YANAI TUGUO

表皮「境界シリーズ」

制作 2008年 
素材:杉皮繊維

主な展示作品紹介

三澤 憲司

『東野さんにデュシャンプの雪が降った」
DSC_4737.jpg

菅 木志雄

「空気のかたち」
DSC_4740.jpg

加藤 啓

「蜂の闘牛」
DSC_4744.jpg