ちょっと こでかけ

−めしや探訪99−

食べ歩いためしやのお話です。



−海浜幕張

店名 種類 コメント 日付
「ジャイネパール」 ネパール料理  2つのコースをあわせてとる。
 最初はほうれん草のムースがかかった豆腐。
 ネパールにお豆腐?
 ついでモモ(チベット風餃子)。
 ぷちっと口の中ではじけるかんじがおいしい。
 それからタンドリーチキンのようなもの。
 骨付きリブ。
 どれもどこかカレー風味。
 それからチベット玉子?を緑色のナンみたいなものにはさんで食べる。
 チベット玉子にかかるムースがおいしい。
 最後にカレー。
 しいたけやらたけのこのカレーがある。
 ネパールにたけのこ?
 最後にバター茶をいただく。
 2段重ねにふたがついた、丁寧な器にのってやってきた。
 僕がカトマンズで飲んだときは、ふつうのレストランのティーカップだったけれど。
 ひさしぶりに塩とバターの味を味わう。
 バターといってもバター茶はそんなにどろどろしていない。
99/7
「ミャ・ナンダ」 ミャンマー料理  会社の人を、ミャンマー料理に連れていく。
 今日はもつ煮込みセットにした。
 このもつ煮込み、見目は悪いけど、油がのっていておいしかった。
 最後にミャンマー茶をいただく。
 ちょっとジャスミンぽい味だった。
99/5
 今日は焼きうどんセットにした。
 海鮮焼きうどんというかんじ。味はまあまあ。
 とんがらし入りだけど甘いサラダはおいしい。
 ごはんもバターライスではなかった。
 でもどこか甘い。牛乳かココナツ味。
99/5
 今日は玉子カレーセット。
 カレーは玉子、だいこん(たぶん)がメイン。
 さほど辛くない。
 たぶんココ味だろう。
 バターライスがまたおいしい。
 付け合わせのサラダはモヤシと揚げ物みたいのをあえたもの。
 ほんのりした油が好み。
 それにスープがつく。
99/5
 Aブランチセットをたのむ。
 店の人はみんな男も女もミャンマーの民族衣装を着ていた。
 Aブランチはメンに揚げ物にサラダ。
 サラダの味付けもミャンマーっぽい。
 メンのスープは辛目。赤いのも浮いている。でも甘い。辛甘い。そこに魚の風味。
メンは春雨風。
 揚げ物はシューマイを天ぷらであげたような感じ。真っ赤なスープ?にひたして食べる。これも辛いかと思いきや、そうでもない。香りはとってもミャンマーぽい。
 味の方は可も不可もなくという感じ。
99/4


−新宿

店名 種類 コメント 日付
「すずや」 とんかつ茶漬け  お茶漬けにとんかつを載せて食べるのだ(そのまま)。
 とんかつにはたれのかわりに下味がついている。
 キャベツもすでに煮込んである。
 意外と茶漬けに煮キャベツがおいしい。
 しかし茶漬けなのであっというまに食べてしまう。これが難点。
99/7
「ガンバ」 プコタン料理  プコタン、は店オリジナル。
 焼き肉としゃぶしゃぶが合体したようなもの。
 焼き肉の焼き汁が、しゃぶのスープにたれる仕組みになっている。
 そのおいしさは、最後のラーメンでよくわかる。
 3000円で食べ放題。食いしん坊にはお得。
99/6
「ハレルヤ」 韓国料理  1年ぶりに行くと、店の大きさが2倍になっていた。どうも繁盛しているらしい。
 つけあわせはコンナムルとキムチ。ばりばりいただく。
 特にコンナムルは大の好物。毎日食べたいくらい。
 サムギョッサル、豚肉のポッサムキムチ、ピンデットック、石焼きビビンバを山分けしていただく。
 どれもどれもおいしい。
 サムギョッサル(豚肉)はサンチュにまく。たれは2種類あったがどちらもすっぱい。にんにくと唐辛子もつく。でも唐辛子はほんとうに辛そう。
 豚肉ポッサムキムチは豚肉が美味。ポッサムキムチも初めて食べたけど、けっこういける。
 ピンデトックはじゃがいもいりのお好み焼き。チジミも好きだけれど、最初に韓国の屋台で食べたのはピンデトックだったから、どうもピンデトックに思い入れがある。
 石焼きビビンバはいうことはないです。
 人気が出て、店が大きくなっても味が落ちないと言うのはえらいことだと思う。
99/5
「パーダー」 タイ料理  やきそば、鳥の揚げもの、汁なしそば、シンハビール。
 ナンプラーと酢をつけて食べる。
 思ったほど辛くない。
 どれもどれもおいしい。
 おばちゃんが一人で切り盛りしてる。
 ちゃんと1品食べ終わった頃に次のが出てくる気遣いがうれしい。
99/5
「汎」 無国籍料理  ここは味がますます落ちた気がする。具も減っているし。ライチーすらおいしくなくなってるし。もう2度と行くまい。 99/2
「ハナマサ館」 ステーキ  あんまりステーキ食べ放題なんてきいたことがない。
 たしかにステーキはおいしかった。たのむたびにつけあわせが減っていったし、3枚目は最初のヒレステーキではなかった気がするけれど。
 しかしサラダ、ごはん、スープはいづれもいまいち。
 しかも店員がみなつかれている。やる気がなさそう。なにかあったのだろうか。
99/2
「ねぎし」 牛たん  麦とろがおいしいかった。シチューは次にしよう。 99/2
「梅園」 台湾料理  2800円で食べ放題。
 豚足、角煮、えび、かに、すぶた、しゅうまい、春巻、、、、
 鶏肉の唐揚げはパン粉にそのままひたしたかんじ。変わっているけどおいしい。
 特においしかったのが酢豚。2皿もたのんでしまう。
 いかのマヨネーズ揚げは甘くてけっこう好み。
99/2
「三葉」 回転すし  2段回転式。でも上の方はとりにくい。
 高い皿は300円。これはうまい。
 安い皿は130円。基本的にはずれはなし。
 130円でみそ汁もあり。
99/2
 「ESQUINA DO BRAZIL」 ブラジル料理  店では80%ぐらいブラジル語(ポルトガル語)がとびかっている。
 ひさしぶりにバカリャウのコロッケ。やっぱりおいしい。
 ぎょうざも砂肝の揚げ物もおいしい。
 そして水土限定の煮込み(ちょっと名前をどわすれ)。ごはんとほうれん草とオレンジとで食べる。これがなんといっても一番。食通のM氏が喜んでくれた。よしよし。
 さとうきびのお酒で少しふらっとくる。
99/2
「箱根本陣」 立ち喰いそば 小田急近く。豆腐入りひやしそばは、豆腐1丁入っている。これは初めて。
立ち食いそばやだが、けっこうおいしい。
98/8


−高田馬場

店名 種類 コメント 日付
「ミンガラバー」 ミャンマー料理  空心菜。
 サモサ。
 ナマズ揚げ。
 春巻。
 豚肉の辛口煮込み。
 魚肉だんごとレバーと玉子とうずら玉子と鳥肉がはいった麺。
 とくに春雨がはいってこんがりあがった春巻きと、麺がうまい。
 シンハビールをいただきながらいただく。
 店にはミャンマー語の音楽が流れている。
 ほとんど客はいなかった。
 アジアンエスニックなお店なのに、落ち着けるお店である。
99/6
「土風炉」 居酒屋  むかし高田馬場東映パラスの映画館があった建物にある。
 雰囲気は和風。若い人が多いが、雰囲気はよい。
 ビールばっかりだったので日本酒。ひさしぶりにおいしかった。
 しかしお通しの山菜漬がすんごく辛かった。こんな一般向けでないお通し、初めてである。
99/3


−渋谷

店名 種類 コメント 日付
「アンカラ」 トルコ料理  サラダの盛り合わせ。ほうれん草とヨーグルトのペースト。たらこのペースト。豆。これらをパンにはさんで食べる。どれもどれもおいしい。
 しいたけのはいったチーズのかかったクレープ。このしいたけのあじつけが絶妙。
 このクレープはシェフの出身地の料理で、ほかのお店にないそうだ。シェフはイスタンブール出身で、おばあさんはボスニア出身だそうな。言葉も違うそうである。
 トマトソースのかかったロールキャベツはキャベツの中にお肉がぎっしり。添え物のジャガイモもおいしい。
 それからもちろんドネル・ケバブ。このお肉はなんでこんなにおいしいんでしょう。
99/5
「BUTTU TRICK BAR」 多国籍料理  店の中に大仏がいた。
 なんだかまがいもののエスニックというかんじ。
 うるさい店だった。
 店員がさらに大声だった。
 ビールがでてくるのが遅い。
 料理も遅い。
 味の方は悪くなく、高くもなかったけれど。
99/5

「南雲」

豆腐専門店  ホイコウロウの中に厚揚げの豆腐が入り、付け皿として自家製豆腐がつきました。厚揚げ入りホイコウロウもなかなかいけます。本来は豆腐専門店なのでマーボー豆腐やら五目豆腐、家常豆腐などいっぱいあります。店のお姉さんの話では常連さんには生玉子を追加注文する人もいるとか。意外といけるようです。 98/10


−新川(中央区)

店名 種類 コメント 日付
「D」 にこみ料理?  店の名前はヒミツ。混むとこまるから。
 歩道の「にこみ/カレー」の看板の向かいの路地の奥にある。
 信じられないくらい、レトロな雰囲気の店。
 蛍光灯ではない黄色い電灯。木の柱が古い。
 天井からにこみ持ち帰りのふだがゆれている。
 いわゆるレトロ調のお店ではない。ほんもののレトロなお店である。
 お昼のメニューはにこみライスとカレー丼。
 にこみライスはとろけるようにおいしい。
 ちなみにライスといってもどんぶり。ちなみに同じ器でカレー丼となる。
 たんに言葉のかんじらしい。
99/5


−東京

店名 種類 コメント 日付
「新宿つな八」 てんぷら料理  おさしみと天丼と天ぷらのセット。おなかが減っていたからか口の中で天ぷらがとける。またたくまに平らげてしまう。
 アイスクリームの天ぷらがあったのでそれをデザートで追加注文。パン生地のお菓子みたいなころもにアイスがくるまれていて、おいしかった。
 そういえばむかし学研の科学か学習でアイスクリームの天ぷらのつくりかたがあったなあ。そんなことを思い出した。
99/3
「あじさい」 うどんそば  「あじさいうどん」の具は温泉玉子、わかめ、おあげ。
 温泉玉子は今日社食でみかけて食べたかったから、ちょうどよし。月見よりおいしかった気がするな。おあげもあまくておいしかったし。気がついたら汁を飲み干してました。
99/3


−新宿御苑

店名 種類 コメント 日付
「ミュン」 ベトナム料理  生春巻き、パパイヤのサラダ、豆腐、エビ入りおもち、お肉、そしてフォー(うどん)。
 どれもどれもおいしい。
 おいしすぎてつい食べ過ぎる。おなかが重い。
 久しぶりに333ビールを飲む。やっぱりまずい。それでも飲みたくなる。
 店はほとんどうまっていた。
99/2


−秋葉原

店名 種類 コメント 日付
「中華道楽」 中華系喫茶店  こだわりウーロン茶。陶器製のきゅうすから陶器製ミニカップにそそいで、ちびちびいただく。
 それから桃まんセット。えびしゅうまいつき。味はいまいちながら、こんな形態の喫茶店もいいのはないかと思う。
 店の中のオーダーシステムがまだいまいちうまくいっていない。これさえうまくまわれば繁盛する気がする。
 あとお茶が飲み放題だともっとよかったけれど。
99/2


−神楽坂

店名 種類 コメント 日付
「黒潮」 ちゃんこ  前料理のたたき、さしみがすごくおいしい。それだけでだいぶおなかがいっぱいになってしまう。
 鍋の方はこうじみそ。なめたけ。にら(たぶん)、白菜、豆腐、鶏肉。
 そしてさかな。なんのさかなかわからないけれど、ぷっりぷりしておいしい。
 あちこちに佐渡ケ嶽の文字。佐渡が嶽系のちゃんこらしい。
 さいごはうどんかおじやでしめ。さらにデザートにシャーベット+お茶。さすがに腹くちくなる。
 ついたても高くて、なかなか品のいい雰囲気でした。
 おばさんがしゃきしゃきっとして、余ったものをどんどん人にふりわけてくれます。
 最後に親方さんが外まででてきて、あいさつしてくれました。
99/2


−原宿

店名 種類 コメント 日付
「クレオール」 ペルー料理  からい、、、 98/7


−銀座

店名 種類 コメント 日付
マレーシア+パキスタン  マレーシアとパキスタンというめずらしい組み合わせのお店。
 サテ、ミーゴレンをいただく。
 デニッシュ風ナンもおいしい。
98/6


−川越

店名 種類 コメント 日付
「小江戸ブルワリー」 地ビール+料理  地ビールとドイツ料理のお店らしい。食材が手作りというのも売り。
 たしかにチーズもソーセージもうまかった。
 あとサツマイモラガーも少し甘くておいしかった。
 このビールでついぐいっといってしまったのかな。久しぶりに酒で気分が悪くなる。弱くなっているのかなあ。ほかのいろんな味のビールが飲めなかった。残念。
99/3


あたまに戻る 散歩のページに戻る メインページに戻る

※すべての文章はぼうずの権利に属します
Bouz Co. 「ぼうずの小部屋2」