ちょっと こでかけ

−ラーメン屋探訪−

主に東京で食べ歩くラーメンのお話です。



−新宿

店名 種類 コメント 日付
「坂内小法師」 冷やしラーメン  悲しいのは一瞬で食べてしまうことである。 99/8
チャーシューメン  この店はつくりから最初「坂内」と思ってた。いちよ別のお店であるらしい。
 めんがしこしこである。しょうゆ系ではやっぱり坂内がいちばんおいしい気がする。
 ここのチャーシューメンはめんがみえなくなるほどのチャーシューが自慢。でも今日は途中でチャーシューの油で気持ち悪くなる。
 それとかなりめんがしょっぱいので、かなりのどがかわく。塩分が足りないときはおすすめかも。
99/3
餃子  ふつう。 99/3
「博多天神」 チャーシューメン  店はオープン形式。なのでついそそられる。
 太麺か細麺かきかれる。
 テーブルの上にごまとしょうがが山盛りになっている。
 僕はごまに弱い。ごま男である。
 ごまをどっさり入れる。
 しょうがはふだんは食べないが、九州のラーメンとあれば入れる。
 スープは麺を食べれば食べるほどおいしくなった。
 ここで替え玉がほしくなる。でもがまん。
 帰りに替え玉無料チケット付きのチラシをもらう。
 こうやってリピーターを確保するらしい。
99/7
「やんばる」歌舞伎町店 ラフティーそば  今日は唐辛子とかかれたスープを少し入れてみる。
 さらにおいしくなった気がする。 
99/6
「めん家」 とんこつラーメン  ひさしぶりに行くと、内装が変わっていた。
 メニューも少しかわった気がする。
 チャーシューも大きくなった気がする。
99/6
とんこつ生野菜角煮ラーメン  このラーメン屋はみそもしょうゆもとんこつも食べられる。いわゆるオールアラウンドチェーン店型?ラーメン屋。
 なので専門店のような味は期待できない。
 麺は細い。うまいとはいえないが、まずいほどではない。でも角煮は硬くていまいち。スープは合格点だけど。
99/1
「肥後のれん」 パイコーメン  どんぶりには中国風の童の遊ぶ絵。かわいいどんぶりである。
 とんこつだけれどすこししょっぱい。わかめのせいかな。
 パイコーはまたとろけておいしかったけれど。
99/4
チャーシューメン  チャーシューはおいしい。でもスープは今日はいまひとつ。今日の舌はもう少し濃い味を求めていたようだ。 98/12
チャーシューメン  やっぱりチャーシューがおいしい。
 ミルク色のスープがおいしい。飲み干す。どうもそっちのラーメンと相性がいいよう。
98/10
ラーメン  まあまあ合格。しかし九州ラーメンはいつ食べてもおいしい。
 器がかわいかった。 
98/9
「天州」 べこみそ  みそといってもスープがみそではない。肉がみそ味。
 ほんとうにあっさりしてて、たぶんラーメンの油がだめな人でもいける気がする。
 それでいてまたとろける角煮が絶品なのだ。
99/4
牛三昧ラーメン  角煮がメイン。やっぱりラーメンといえば角煮やね。
 この角煮。一口食べて幸せを実感する。まさしく沖縄の角煮。今日食べにきてよかった。
 角煮意外にも牛肉が入っている。これもうんまい。
 具はあとたまごやきみたいなはんぺん。
 れんげがばかでかかった。おかげでスープを味わって飲む。
 スープはしょうゆ。だけれどちょっとほかのしょうゆと違う気がする。
99/3
「新高揚」 こうようらーめん  しょうゆラーメン。そこにチキン揚げがのる。
 前も西口で揚げ物がのったラーメンを食べたような。
 では揚げ物がのったラーメンをかってに「新宿西口系」ラーメンとしよう。昔の地名でいえば「淀橋系」だけど。
 味の方はまあまあ。というかあんまりしょうゆラーメンって好みじゃないんでした。そういえば。
 でも「パークーラーメン」に惹かれる。パーコーでなくパークーあるあたりに。
 店の雰囲気は純和風の小料理屋っていうかんじで、すごしやすい雰囲気。
 自動扉と気がつかずに無理に扉を開けてしまったけれど。
99/2

「げんこつや」

豪快塩  やっぱりチャーシューがいいね。めんも好きなタイプである。 99/2
ぎょうざ  2ヶ400円ながら、1個が大きくてつまってておいしい。 99/2
香油ラーメン 98/10
「天下一品」 こってり並+チャーシュー  チャーシューのトッピング。
 例のこってりは僕は大丈夫。おいしい。しかし腹の調子は悪化。
 チャーシューはそんなにまずくない。時々まずい店もあるけれど。
 ただ並だとそんなに量が多くない。少し物足りない。次は大盛りにしよう。
 このお店はいろいろ定食がある。歌舞伎町という場所柄もあるのかな。ほかのお店にもあるのかな。
99/1
「満来」 チャーシューメン  チャーシューがかわっている。ぶっとい。お肉というかんじ。
 張り出し式のカウンターがかわっている。
98/12
「長崎屋」 角煮ラーメン  角煮は大きくて、スープもとろみがあって、おいしかった。 98/12
「やんばる」 ラフティーそば  スープもおいしい。のみほしてしまう。 98/11
やんばるそば  チャーシューよりずっとあついお肉は焼きたて。
 スープもむちゃくちゃおいしい。ぐいぐいのんでしまいそう。
 麺もラーメンともそばともいえなくて好きなんです。
98/10
「札幌や」 チャーシューメン  チャーシューはまあまあの味。でも4つで表面いっぱい広がる。
 麺は食べやすい。
98/6


−秋葉原

店名 種類 コメント 日付
「蔵蔵亭」 チャーシューメン  喜多方ラーメンのチャーシューメンは、チャーシューがいっぱいでおいしい。  99/7
黒ゴマ餃子 99/7
餃子 99/7


−日本橋

店名 種類 コメント 日付
「銀閣寺ますたに」 チャーシューメン  背脂を多めにした。
 スープが癖になる味である。
99/7
チャーシューメン  ねぎ、背脂、辛さを好みの量にしてもらえるらしい。でもきょうは全部ふつうにした。
 チャーシューはまず合格である。というかどこか同じ京都の新福菜館のチャーシューの味を彷彿させる。
 スープの熱さはちょうどよい。熱いのに懲りていたので、安心する。
 ここのスープは3層になっているそうな。上がまろやか、中がしょうゆ、下がぴりから。たしかに食べすすむうちにぴりからとなる。すこしふしぎなかんじ。この3層が混じり合い、残ったスープはおいしくなる。背脂とねぎをレンゲですくいながらいただく。
99/4


−渋谷

店名 種類 コメント 日付
「ちゃんぼくじゃ」 高菜ちゃんぼくじゃ  のりがきいてうまい。 99/6
九州まるかじり  高菜とめんたいこと角煮とチャーシューがのっている。
 でも今日はスープが熱かった。やっぱりスープが熱いのは苦手。
 途中で味がかわるというごまのふりかけをかけてみる。たしかにすこし味がかわる。
99/4
生玉子付きラーメン  きょうは生玉子付きにする。
 海苔が入っている。そしてまたきくらげ。これは定番?そしてチャーシューがまたとろける。
 やっぱりチャーシューがおいしいと点があがる。
 しかしなんといってもおいしいのがメン。細めで、つるつるつるつる口に入っていく。つい替え玉、、といいそうになる。
99/2
「げんこつや」 香油げんこつ  いつもの豪快塩より、全体に香ばしい。またもや角煮のおいしさはいうことがない。ただ油の苦手な人は、ちょっとつらいかな。 99/4
げんこつごま味  少し辛くて、汗をかく。 98/11
香油ラーメン  しょうゆ味もよい。 98/8
「永竜」 ターローメン  ターローメン。おわんはでかい。海苔の香りがよい。
 角煮(ターロー)は4つ。でも味がしみこんでいない、ふつうの角煮。すこし油系の苦手な人にはつらいかも。
 ターローメンとしては可も不可もなくというところ。
99/3
「桂花」 ターローメン  このターローメンは僕のラーメン屋めぐりの原点。それは僕がいままでに一度も食べたことがない味だった。生キャベツも、角煮も、スープも。だから強烈な印象が残っている。
 そんな思いをいだきながら味わう。
99/3


−恵比寿

店名 種類 コメント 日付
「萬友」 ラーメン(太麺)  太麺と平麺とあるらしい。よくわからなかったので、いわれるまま太麺にする。
 平麺にしてみればよかったと、ちょっと後悔。
 スープに背脂が浮かんでいる。まるで天かすみたい。
 この背脂がうまい。
 この背脂からしみ出すだろうスープがおいしい。
 チャーシューも意外と大きかった。
 麺は少し固め。最初びっくりするけれど、だんだんなれてはまる。
 しょうゆなのに、全部スープを飲んでしまう。
 おかげであとで口がかわく。
99/6
「香月」 チャーシューメン  チャーシューは確かにおいしい。しかし多すぎる。
 食べても食べても減らない。
 食後の電車で気持ち悪くなる。
98/8


−吉祥寺

店名 種類 コメント 日付
「花月」 もんじゃチャーシューメン  「にんにくとんこつ」以外のもう一つのウリが「もんじゃそば」。
 今日はチャーシュー入りの「もんじゃチャーシュー」にしてみる。
 でもチャーシューはさほど入っていない。
 しかも少ししょっぱくて、あんまり僕の好みではない。
 とんこつもいまいちだった気がする。
 ここの店の味はどうも僕には合わないらしいのかも。
99/5
とんこつみそチャーシュー  売りはニンニクげんこつ。しかしさほどニンニクの香りはしない。今日はニンニクげんこつみそチャーシューメンを頼む。
 このげんこつってとんこつの一部分のことをさす一般名称なのかな?
 ここもチャーシューがおいしかった。気がついたら消えていてびっくりした。ただちょっとしょっぱかったかな?
 スープはみそにすこしこってりというかんじ。まあまあ。
 玉子は煮玉子でなく、普通の半熟だった。ちょっとめずらしい。
 トッピングとして生ニンニク、玉子、キャベツ、ほうれん草、白菜、のり、わかめ。
 ここにも油そばがあった。しかし名前はもんじゃそば、という。いろいろいいかたがあるようだ。こんどはこれを挑戦してみよう。
99/3
「天文館」 こってり天文館ラーメン+黄餃子  ここはこってり、あっさり、みそなどスープがえらべる。しかも具もすべての種類でOK。その組み合わせがすべて書いてある。それに加え、組み合わせ定食もある。半ライス+餃子3ヶ+ラーメンとか。さらにカレーまである。うう。なのでメニューはいろどりみどり。はっきりいって見にくい。目が回る。
 でもやっぱりこってりでしょう。天文館だもの。
 スープはとんこつにほのかにごまの風味。少しあついけど、飲める。
 あとチャーシュー。とろけるほどにおいしい。2つではものたりない。
 あと具はもやし。きくらげ。上にこまかい青ネギがかかる。
 全体的にgood。でもせっかくだから煮玉子付きにすればよかった。お店の推薦付きだし。
 わんたんこってり、、、というのにも興味がある。どんなんだろう。
 あと、ここの名物は色つき餃子。やっぱりカレー味の黄色餃子。
 これがただ奇をてらったものかと思いきや、意外とおいしい。
 次は緑餃子(ほうれん草)に挑戦してみよう。
99/2
チャーシューつけめん  つゆは熱め。でも麺を入れるとちょうどぬるま湯になる。
 これはこれでおいしい。でもやっぱりこってり天文館ラーメンにも行きたい。
98/6
「博多ラーメン」 あぶらそば  最初から生卵がまぶしてあった。
 おいしい。
 「もんじゃそば」ともいうらしい。別の店で汁なしラーメンとしての宣伝も見かける。
98/8
博多冷やしゴマラーメン  替え玉もあるが、がまんする。
 博多いなりも博多ちまきもある。
 おいしかった。
98/6


−池袋

店名 種類 コメント 日付
「かめや」 王様ラーメン  王様はなんでも具が多めらしい。うれしいラーメンである。
 めんがつるつるっとしておいしい。やっぱりラーメンはめんがおいしいのがいい。
 チャーシューも合格。あとトッピングのもやしもいい。
 店内ではずっとF1のTVが流れていた。それを時々見上げながら味わう。
 ちなみに2F席もあるようだ。
 店員の男性がにこやか。そのせいかみんな「ごちそうさま」といいながら立ち去っていく。
 うん、ここのはなかなかおいしい。池袋で押さえ、である。
99/5
99/3
餃子 餃子もほくほくほおばる。まあまあ号合格。 99/3
「無敵屋」 のうこくラーメン  これもとんこつ。
 海苔とチャーシュー。ただしきくらげでなくしなちくが入っている。
 きざみ青ネギがかかっているけど白ネギもまじっている。
 とんこつといってもいろいろあるんだなあ。
 味の方はどれもまあまあ。チャーシューが合格なのでよしする。
 餃子も食べた。これもまあまあ。
 ほかには「げんこつラーメン」。どうしてげんこつ?どうしてのうこく?由来はわからない。
 カウンターに「からし高菜」。これがすんごく辛いらしい。
99/2


−中野

店名 種類 コメント 日付
「坂内小法師」 ネギチャーシューメン  ねぎが意外とうんまい。
 やっぱりチャーシューが多すぎる気がする。
 不満はないけれど。
99/5
「山頭火」 玉子油そば  中野店だけ油そばがあるらしい。
 チェーン店だけどこういうのはいいね。
 「玉子油そば」にする。
 油そばはやきそばがもうすこし油にひたっているというかんじ。
 と書くとまずそうだがその手は好きである。
 むかしネパールの宿で食べた焼きそばを思い出す。
 スープがないだけラーメン屋としてはメンが勝負になるので大変らしい。
 上にはネギ。前は嫌いだったけれど、最近おいしく感じる。
 肉は豚肉の切片。あまり油こくなくよし。
 玉子油そばには煮玉子がつく。ちょっと冷たかった。そういうもんなのかな?
99/2
旭川ラーメン  油がこってり。
 ただ量が少ない。さみしい。
98/6
「香門」 チャーシューメン  塩ラーメンは夜30食限定で今日は19時頃売り切れだとのこと。やっぱり人気があるらしい。
 今日はチャーシューメンにする。
 このチャーシュー。ほんまにおいしい。口の中でとろける。チャーシューはちょっとうるさいけど、こんなおいしいチャーシューはなかなかない。 
 あとは海苔、そしてシナチク。
 そして評判のスープ。気がついたら飲み干していた。
 ネギやら玉子やら納豆やらいろいろいろいろトッピングできるらしい。
 しかも餃子も看板にある。これは次に挑戦してみよう。
99/2


−西荻窪

店名 種類 コメント 日付
「ひごもんず」 角煮ラーメン  角煮の味付けはよし。
 生jきゃべつはもう少し量が多いとうれしい。
 熊本ラーメンに珍しく?のりつき。
 やはりスープをほぼ飲み干してしまう。
99/4


−東京

店名 種類 コメント 日付
「グリーンけやき」 じゃーじゃーめん  めんの上にかかったみそとねぎをかきまぜる。
 意外とねぎが効く。
99/4
けやきラーメン  よくラーメン屋には店の名前を冠したラーメンってある。どうもその手のラーメンに惹かれる。で、はたして「けやきラーメン」とは?
 たぶん麻婆ラーメンでした。
 ラー油みたいなスープにラーメンが沈んでました。一見辛そうだったけどピリ辛ぐらいで、意外と飲めました。
 挽肉とモヤシ入り。
99/3
ジャージャーメン  味の方は、まあまあでした。めんがごてっとかたまりになってましたが必死にかき回して。
 でもスープはおいしかったな。
99/3
旭川ラーメン「番外地」 みそチャーシュー  ラーメンからいい香りがする。
 なかなかいい香りがするラーメンにめぐりあわないので、びっくりする。
 これはチャーシューの香りかな?確かにおいしかった。
 しかしまたスープが熱い。これが旭川ラーメンの売りかも知れないけれど。
 でもこのスープも飲みだしたら止まらない。
99/3


−新川(中央区)

店名 種類 コメント 日付
「○○飯荘」 わんたんめん  ちょっと店の名前を失念。
 でもわんたんは具がつまっていておいしかった。
 チャーシューもまあまあいけた。味付け玉子も入っていたし。
 やっぱりスープと麺はよくある中華料理屋風だったけれど。
99/4


−高田馬場

店名 種類 コメント 日付
「富士ラーメン」 とんとんめん  でも今日はちょっとしょっぱかった。
 あんまり体が塩分を求めていなかったのかもしれない。 
99/4
とんからめん  今日も白いスープにだいだい色のメンが浮かぶ。
 このメンがちとからいのだ。メンだけが、からい。
 でもおいしい。
99/3
とんとんめん  でも今日はあんまり店がにんにくくさくない。時間帯もあるのかな。
 今日は角煮がのったとんとんめん+ぎょうざ。ラーメンついでにぎょうざも食べ歩いてみよう。
 上にのっているのはシナチク、玉子半個、生キャベツ、もやし。めんは細目。
 でもなんといってもここのはスープ。なんでもにんにくからつくるらー油ととんこつからつくるそう。
 牛乳色のスープはほんとうにごくごくいってしまう。
 でもぎょうざはふつうのぎょうざだった。
 にんにくのせいか体はぽかぽかする。やっぱり冬のラーメンはいいね。
99/2
とんからめん  店中ガーリックと冷房のにおいであふれている。席の前にはガーリックの入れ物。まだ足したことはない。
 スープが白くて牛乳みたいにおいしい。とんこつのはずだけど。ごくごくと飲んでしまう。
 とんからめんの麺はオレンジ。ちょっとびっくり。
98/8
とんとんめん  「散歩の達人」に載ってた。
 熊本ラーメン。にんにくが効いている。確かにおいしい。
98/7
「ぶぶか」 油チャーシューメン  油そばの上にででんとチャーシュー。これもいける。 99/4
生玉子油そば  やっぱり金曜日はラーメン。
 油そばは初めて。意外といける。
98/8
チャーシューメン  とんこつだがあっさりしてる。
 店名はやっぱりあの選手から名前をとったらしい。
 今度油そばに挑戦しよう。
98/5
「永柳」 ターローメン  熊本ラーメン。
 夜の8時半ごろだったが、がらがらだった。
 席に座る前にターローメンを注文。
 桂花よりうまい。とくに麺がよい。
98/8


−神田

店名 種類 コメント 日付
「丸高」 チャーシューメン  なんでもスープは和歌山から空輸しているそうな。
 見た目はスープなのに、こゆい。これが和歌山ラーメンのスープらしい。
 めんはやや固め。
 チャーシューもまあまあ。
 ラーメンから不思議な香りがした。チャーシューかスープか上のネギかどこから香るのかはよく分からなかった。
99/4
「栄○軒」 大分ラーメン  おいしい。
 初めて夜の神田に来た。にぎやかなのにおどろく。
 そのあと飲む。JRのガード下。時に揺れる。冷房はあまりきかない。
 99/4時点で移転か消滅していた。
98/6


−木場

店名 種類 コメント 日付
「大黒家」 チャーシューメン  麺のかたさなどいろいろ指定できるらしい。
 ラーメンの上に大きな海苔がででんと5,6枚のっている。これがうまい。
 チャーシューもうまい。
 めんはけっこうかため。これでふつうということは、固めにするとどんなかたさになるんだろう。
 でも固い分がうまい。
99/4


−日比谷

店名 種類 コメント 日付
「客家」 角煮湯麺  角煮と野菜が別皿ででてきた。ときどきラーメンに入れながら食べる。ちょっとへん。
 ラーメンはいわゆる中華料理屋系のラーメン。
99/4
はちのすラーメン  はちのすは牛の胃袋ですね。味はまあまあ。でもひねりが少しないかな。意外とタマネギが多かった。 98/11


−東陽町

店名 種類 コメント 日付
「明明」 担担麺  たんたんめんはガイドブックにも紹介。でもまあふつう。 99/4
ぎょうざ  おいしい。
 形がしゅうまいのように丸い。でも食べるとぷしゅっと汁が飛び出す。
99/4
「三千里」 カルビラーメン おいしい。
つけあわせの半ライスをスープに入れたら、もっとおいしくなった。
98/12


−新橋

店名 種類 コメント 日付
(ニュー新橋ビルB1) 角煮ラーメン  新橋駅前ビル地下1階。店員は中国の人らしい。 98/8


−両国

店名 種類 コメント 日付
「なかよし」 ネギラーメン  最近、ネギラーメンがおいしい。ネギはそんなに好きでなかったのに。
 どうもおいしい。スープもみそでこってり。お肉もこまかい。
98/6


−京都(番外)

店名 種類 コメント 日付
「新福菜館本店」 チャーシューメン  本店で食べるのは初めて。
 京都駅の近く。道をひとつ東に行き、鉄橋にあがる手前。
 夕方、すでに人であふれている。
 外人さんと連れた学生。おっちゃん、家族連れ。お正月のせいかもしれないがいろんな種類の客がいる。
 二重皿というのは汁をこぼすのを気にしなくてよい。
 チャーシューがやっぱりうまい。たくさんあったけど、ひつこくない。
 焼き飯がばんばん出ている。ここのはいけるらしい。店の名前からして、もともと中華やさんなのかな?こんど挑戦してみよう。
99/1


−ラーメン博物館(番外)

店名 種類 コメント 日付
「新福菜館」 新福ラーメン+玉子  しょうゆ味ながら独特。でも飲みやすい。チャーシューも臭みがない。
 横の運動系の女の子たちがまたたくまにたいらげてた。
98/12


あたまに戻る 散歩のページに戻る メインページに戻る

※すべての文章はぼうずの権利に属します
Bouz Co. 「ぼうずの小部屋2」