世界陸上競技選手権パリ大会

世界陸上は、私がオリンピックの次に楽しみにしている…というだけでなく、世界的にも非常に注目度の高い大会です。パリで行われた今大会は、日本でも大いに関心を呼んだようで、陸上ファンの私としてはうれしいかぎりでした。
銀一つ、銅三つ。合計4個のメダル獲得は、世界陸上では最多となります。ハンマー投げの室伏広治選手に始まって、200mでは末續慎吾選手が、そして最終日のマラソンでは野口みずき選手と千葉真子選手が揃ってメダルを獲得。特に末續選手の銅は、五輪と世界陸上を通じて日本短距離界初のメダル、という快挙でした。
9日間は終わってみれば、短かったような長かったような…。でも、まちがいなく、ものすごく密度の高い大会でした。

 大会日程とその日の感想など

注目種目

TBS放送予定

第1日 8月23日(土) 男子ハンマー投予選、女子10000m決勝 18:00-19:56
21:54-27:55
第2日 8月24日(日) 男子100m一・二次予選、男子10000m決勝 21:54-26:55
第3日 8月25日(月) 男子ハンマー投決勝、男子100m準決勝・決勝 23:30-29:20
第4日 8月26日(火) 男子400mハードル予選、女子5000m予選 (前半戦ハイライト)
21:00-22:54
23:30-28:00
第5日 8月27日(水) 男子200m一・二次予選、男子400mハードル準決勝 23:30-28:15
第6日 8月28日(木) 女子走幅跳予選、男子200m準決勝 23:30-29:10
第7日 8月29日(金) 男子200m決勝、男子400mハードル決勝 23:30-29:15
第8日 8月30日(土) 男子マラソン、男子4×100mリレー予選・準決勝、男子4×400mリレー予選、女子5000m決勝 20:00-26:55
第9日 8月31日(日) 女子マラソン決勝、男子4×100mリレー決勝、男子4×400mリレー決勝 20:00-26:45

 種目別の情報と結果

トラック 短距離 100m   フィールド 跳躍 走高跳  
200m   棒高跳  
400m   走幅跳  
中距離 800m   三段跳  
1500m   投擲 砲丸投  
長距離 5000m   円盤投  
10000m   ハンマー投  
障害 100mハードル  やり投  
110mハードル  混成競技 十種競技 
400mハードル   七種競技 
3000m障害 
リレー 4×100mリレー   →代表選手一覧
4×400mリレー  
ロード マラソン  
20km競歩  
50km競歩 

 陸上競技Q&A 〜 これだけ知ってりゃ大丈夫 〜
 1.どうしたら代表になれるの?
 
2.何回走ったら、優勝が決まるの?
 
3.追い風ってやっぱり有利なの?
 
4.失格になるのはどんなとき?

トップページへ