リュージュ「リュージュ」とは、フランス語で「木ぞり」の意。仰向けで小さなソリに乗り、身ひとつで氷のコースを滑り降りる競技です。使用するコースはボブスレーと同じで、男女の1人乗りと、性別の区別のない2人乗りがあります。
この競技のすごい点は、身を守るものなどほとんどない、いわばむきだしの状態のまま、時速120km以上のスピードで滑り降りるところにあります。しかも、仰向けのため、選手はコースをほとんど見ることができません。前方を見ようとして顔を上げでもしたら、とたんに空気抵抗にあって減速を余儀なくされてしまいます。
つまり、選手は事前にそのコースをすべて、頭と身体にたたきこんでおかねばならないのです。レース前には、コースで滑ることを想定したイメージトレーニングを行う選手も多いようです。椅子にすわって目を閉じ、身体をくねらせている情景は、ちょっと奇妙な感じもしないでもないですが…。
スタートは、コースの横に固定されたバーをにぎりながら、反動をつけて一気に押し出すように行います。続いて金具?のついた手袋で氷をひっかくようにして加速し、仰向けになってコースに出ていくのです。
ソリにはもちろん、ブレーキなどついていません。スタートしてしまえば、ゴールまで突っ走るだけです。ソリの操作は主に足首と肩を使って行っているようです。ほんの少しのミスが命とりとなるのは、ボブスレーと同じです。
この競技で抜群の強さを誇るのがドイツ。ロシアやイタリアも強国です。日本の五輪の成績は、10位台のなかば〜20位台といったところで、それより上に行くのはなかなか難しいようです。

 kyu1.gif種目別のルールとみどころ

1人乗り ボブスレーと同じく、2日間で4回の滑走を行い、合計タイムで勝敗を決定します。1000分の1秒まで計測するところも同じです。ちなみに、1000分の1秒の距離はわずか3cm。優勝争いとなると、4回滑っても1000分の10秒と少しの差…ということもあります。たった30cmが明暗を分けてしまうのです。
2人乗り こちらは、ひとつのソリに重なるようにして2人が乗って滑る種目です。2回の滑走の合計タイムで争われます。
人数が2人になっただけですが、1人乗りとはずいぶん異なる要素を持っているようです。まず、1人乗りでは単独で行う操作を、前に乗る選手は足、うしろに乗る選手は肩というように分業しなければなりません。重さが変わってくると、とるコースも微妙にちがってきます。
うしるの選手はコースがまったく見えないのですが、恐怖心とどうやって戦うのか、ジェットコースターすら苦手な私は感心してしまいますね。
※このページは4年前に更新したものです。最新のルールには対応していませんので、参考程度にお考えください。

 アルペンスキー クロスカントリー ジャンプ ノルディック複合 フリースタイルスキー スノーボード
 
スピードスケート フィギュアスケート ショートトラック
 
アイスホッケー ボブスレー リュージュ スケルトン バイアスロン カーリング
 トップページ冬の競技−五輪競技の簡単なルールと見どころリュージュ