世界フィギュアスケート選手権毎年3月に行われる、フィギュアスケートのシーズン総決算ともいうべき大会です。今季一番強かった選手を決める場であり、誰もがこの大会を目指して、シーズン当初から試合をこなしてくるのです。
ここのところ、日本勢は毎年のようにメダルを獲得していて、2010年のトリノ大会では男女とも金を獲得するという、かつてない好成績を収めました。しかも、二人の世界王者だけでなく、それに並ぶ実力を持つ選手、次世代を担う若手と、あらゆる年代に有力選手がいて、当分の間、日本選手が上位で争い続けることは間違いないでしょう。日本国内の注目度もどんどん高まっていて、昔を知る私としては今の状況が信じられないくらいです。
今季の総決算の場は東京。4年前の東京大会で、日本勢は金1個、銀2個の好成績を収めましたが、今回はどんな活躍を見せてくれるでしょうか。

開催期間 都市名 国名
2002 3月18日〜24日  長野  日本
2003 3月24日〜31日  ワシントン  アメリカ
2004 3月22日〜28日  ドルトムント  ドイツ
2005 3月14日〜20日  モスクワ  ロシア
2006 3月20日〜26日  カルガリー  カナダ
2007 3月20日〜25日  東京  日本
2008 3月18日〜23日  イエテボリ  スウェーデン
2009 3月24日〜29日  ロサンゼルス  アメリカ
2010 3月23日〜28日  トリノ  イタリア
2011 4月27日〜5月1日  モスクワ  ロシア
2012 3月28日〜4月1日  ニース  フランス
2013 3月13日〜17日  ロンドン  カナダ
2014 3月26日〜30日  東京  日本

 トップページ冬の競技−世界フィギュアスケート選手権