冬季アジア大会冬季アジア大会が始まったのは、1986年のことです。その歴史は浅く、しかもアジアの国々の多くが、雪や氷とは無縁の地域に位置することから、これまではあまり重視されてきませんでした。日本としても、楽に勝てるという思いからか、「最強」とはいえない布陣で臨むこともありました。
しかし、近年は中国、韓国が、冬の競技も重視するようになってきました。以前はショートトラックなど、一部の競技や種目で力を発揮するだけでしたが、今はほかの種目でも日本が歯が立たないことが多くなっています。韓国は冬季五輪の誘致をもくろんでおり、今後はさらに力を入れてくるでしょう。
2003年は、自国の青森での開催だったこともあり、日本はほぼベストに近いメンバーを組んできました。おかげで好成績は残せましたが、それでも第1回に獲得した金メダルの数には及んでいません。夏季の大会では、とうにアジアNo.1の座を譲り渡してしまいましたが、冬季のほうはいつまで競技力を維持できるでしょうか。

開催期間 都市名 国名
第1回 1986 3月01日〜3月08日  札幌  日本
第2回 1990 3月09日〜3月14日  札幌  日本
第3回 1996 2月04日〜2月11日  ハルビン  中国
第4回 1999 1月30日〜2月06日  カンウォン  韓国
第5回 2003 2月01日〜2月08日  青森  日本
第6回 2007 1月28日〜2月 4日  長春  中国
第7回 2011 1月30日〜2月 6日  アスタナ・アルマティ  カザフスタン

 トップページ冬の競技−冬季アジア大会