上気道抵抗症候群の検査、診断、治療について解説します
presented by 阪野勝久/愛知県名古屋市

上気道抵抗症候群

上気道抵抗症候群は閉塞型睡眠時無呼吸症候群の亜型で、軽症の睡眠呼吸障害です。上気道抵抗症候群(upper airway resistance syndrome; UARS)は、無呼吸は見られないのですが、上気道の抵抗に対する呼吸努力に伴い覚醒が見られる病態です。閉塞型睡眠時無呼吸症候群とは異なり、重篤な低酸素血症を伴いません。

上気道抵抗症候群で問題となるのは、夜間の覚醒に起因する日中の眠気です。いびきもベッドパートナーにより観察されます。 正確な診断には食道内圧の測定が奨励されていますが、この測定には鼻から食道にカテーテル(圧センサー)を挿入します。実際の臨床の場では、自覚症状の評価、終夜睡眠ポリグラフ検査とビデオ記録にて総合的に判断する場合があります。

現在のところ保険診療にて上気道抵抗症候群の治療として認められているものはありません。マウスピースによる治療がありますが、自費扱いとなっています。