睡眠障害の評価に用いられる終夜睡眠ポリグラフ検査について解説します
presented by 阪野勝久/愛知県名古屋市

終夜睡眠ポリグラフ検査

睡眠障害を評価する際の精密検査で、睡眠中のさまざまな生体情報を同時に記録することができます。実際に測定しているものは、脳波、眼電図、筋電図(頤、下肢)、口・鼻からの気流、胸腹部の運動、心電図、血液の酸素飽和度などです。その他、食道内圧を測定したり、寝ている状態をビデオ記録することがあります。静かな防音対策が整った暗室で行われ、通常、医療施設に一泊して検査を受けることになります。この検査により、睡眠の質、睡眠呼吸障害の程度(睡眠時無呼吸症候群の重症度判定)、下肢の動き、脈の乱れなど多くのことを一度に評価することができます。

睡眠時無呼吸症候群に対する治療として持続陽圧呼吸療法(continuous positive airway pressure; CPAP)を導入する場合は、適切な圧の設定を行うため、CPAP機器を装着した状態で終夜睡眠ポリグラフ検査をもう1回受けることになります。1回目の検査が診断目的であるのに対し、2回目の検査は治療が目的となります。

終夜睡眠ポリグラフ検査を受ける際には、検査技師が夜間にモニターを介して監視しているかどうか確認すると良いでしょう。終夜監視を行うには検査技師の労力が必要となりますが、正確な診断を得るためには重要なことです。北米の基準では、検査技師が終夜監視を行っている終夜睡眠ポリグラフ検査はlevel 1 sleep studyと呼ばれ、最も確かな検査となります。検査技師が終夜監視をしない場合は、level 2 sleep studyとなりレベルが落ちます。後者の場合、センサー外れや記録不良の問題点がありますが、最も懸念すべきことは緊急対応が遅れることです。重篤な低酸素血症を伴う閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、不整脈、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、脳卒中を引き起こす危険があるため、検査技師による終夜監視は不可欠です。

睡眠時無呼吸症候群の参考サイト 睡眠時無呼吸症候群 Update