睡眠時無呼吸症候群の定義、分類について解説します
presented by 阪野勝久/愛知県名古屋市

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時に無呼吸(10秒以上の息が止まること)が1時間に5回以上出現し、自覚症状(昼間の眠気、集中力低下、夜間の覚醒など)を呈したときに睡眠時無呼吸症候群(SAS: sleep apnea syndrome)と言います。SASは大きく下記の2つに分類されます。いびきが問題となるのは、閉塞型睡眠時無呼吸症候群です。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群についてはこちら
中枢型睡眠時無呼吸症候群についてはこちら

閉塞型睡眠時無呼吸症候群の軽症型として上気道抵抗症候群があります。

高度の肥満を伴う閉塞型睡眠時無呼吸症候群の場合、肥満低換気症候群となる場合があります。

一般的には、病院やクリニックの内科、精神科、耳鼻咽喉科が対応することが多いようです。睡眠外来(いびき外来)や睡眠医療センターなどの名称を使用している病院やクリニックもあるので、受診の際の一つの目安になると思います。

小児の睡眠時無呼吸症候群は成人の症状、診断基準とは異なるため、
注意が必要となります。

小児のいびき、睡眠時無呼吸症候群についてはこちら