子供の睡眠障害について解説します
presented by 阪野勝久/愛知県名古屋市

小児の睡眠障害

子供の睡眠障害は早期診断、治療が重要ですが、子供は睡眠障害の症状を必ずしも訴えません。保護者の方が睡眠障害の有無について注意することが大切です。
下記の質問に該当するものはありませんか?

1. 就寝時に問題がありませんか(眠れない、脚に不快感があり寝つきが悪い等)?
2. 昼間の眠気がありませんか(授業中の居眠り、集中力の低下)?
3. 夜中、早朝に目が覚めてしまいませんか?
4. 規則正しい睡眠、睡眠時間をとっていますか?
5. 「いびき」をかきませんか?

睡眠衛生の不良

睡眠不足、睡眠リズムの乱れ(夜型の生活習慣、夜更かし、休みの日にまとめて長く睡眠をとる)があれば是正する必要があります。思春期では睡眠不足、カフェイン摂取の習慣、睡眠相後退症候群(眠りたい時間に眠れないため朝起きられない、学校や会社に遅刻してしまう、午前中に眠く集中力が低下する)などの問題がよく見られます。睡眠障害により、メンタルヘルスの不調(情緒不安定、イライラする、無気力)、不登校、注意力散漫、行動異常につながる危険性があります。適切な睡眠時間、睡眠の質が確保されないと、日常生活に適応することが困難になったり成長発達に悪影響を及ぼしたりします。

小児のいびき、睡眠時無呼吸症候群についてはこちら