いびき、昼間の眠気、睡眠中の無呼吸を特徴とする閉塞型睡眠時無呼吸症候群について解説します
presented by 阪野勝久/愛知県名古屋市

閉塞型睡眠時無呼吸症候群

2003年2月に新幹線の居眠り運転事故で話題となったのは閉塞型睡眠時無呼吸症候群のことで、上気道の閉塞(のどが狭い)によって起こります。原因は、肥満、骨格異常(下顎が後退している、小さい)、扁桃腺肥大などがあります。代表的な症状として「いびき」があり、いびき治療の希望が受診のきっかけとなる場合があります。

日中の症状として「眠気」「疲労感」「頭痛」「胸焼け(胃液の逆流)」などがあります。「昼間の眠気」は職場での居眠り、運転事故、集中力の低下の原因となります。眠っている間に息が止まるため充分に酸素を体に取り入れることができず、低酸素血症(酸欠の状態)になります。そのため、高血圧、心臓病(狭心症・心筋梗塞・不整脈)、脳梗塞などを引き起こす危険が大きくなります。閉塞型睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病、メタボリックシンドロームとの合併が多く、その他、メンタルヘルスの不調(うつ状態、性格の変化)、インポテンツ、夜尿などを引き起こします。結果として、生活の質(QOL: quality of life)が低下することが知られています。高度の肥満がある場合、肥満低換気症候群を生じることがあります。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群と習慣性流産についてはこちら

診断はまず簡易検査を行った後に終夜睡眠ポリグラフ検査(精密検査)による評価を行います。自覚症状の程度と検査により診断が確定されます

治療として、生活習慣の改善(アルコール摂取を控える、禁煙)、睡眠中の体位を変えること(横向きに寝る、枕の高さを調整する)などがあります。これらはいびき対策となります。肥満を合併している場合は、ライフスタイルの改善、運動・食事療法による減量が重要です。重症の場合は、CPAP治療(睡眠中に鼻マスクを装着し一定圧を加えた空気を鼻から送り込み上気道の閉塞部位を拡大させることで、睡眠中の呼吸状態を安定化させる治療)を行います。軽症の場合はマウスピースによる治療があり、いびき防止として有用です(歯科)。その他、手術による治療(耳鼻咽喉科)を考慮することもあります。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群についてより詳しく解説したサイトも参考にして下さい。
睡眠時無呼吸症候群 Updateいびき治療専門サイト

心不全の方に多い中枢型睡眠時無呼吸症候群についてはこちら