睡眠障害 専門 Dr Bannoの自己紹介
presented by 阪野勝久/愛知県名古屋市/岐阜県岐阜市

阪野勝久(ばんの・かつひさ)

「睡眠医学の部屋」のホームページにお立ち寄り頂き有難うございます。簡単に自己紹介をします。愛知県名古屋市生まれの内科医ですが、睡眠障害の専門医師として睡眠障害の診断と治療および研究を行っています。

名古屋市郊外にある愛知医科大学を卒業後、同大学附属病院にて初期臨床研修を受けました。睡眠医学に興味を持ち専門領域に決めたのは研修医の頃で、循環器内科にてローテート研修を行っていたときでした。当時、国内で睡眠医学を学ぶ施設が限られていたので、カナダのマニトバ州立大学医学部St.Boniface総合病院睡眠障害センターに2回留学しました。留学先では睡眠医学の権威であるKryger教授による直接指導の機会に恵まれ、睡眠医療の専門研修を受けました。

現在は、愛知県名古屋市と岐阜県岐阜市にある睡眠クリニックと病院にて、睡眠障害の診断、治療を行っています。特に睡眠時無呼吸症候群を代表とする睡眠呼吸障害、いびき治療やむずむず脚症候群(レストレスレッグ症候群)の診断と治療に関心を持っています。

睡眠時無呼吸症候群は有病率が高く注目を集めていますが、2005年に改訂された「睡眠障害の国際分類」では、睡眠障害は8種類のカテゴリーに大きく分けられ、細かく分類すると80以上の睡眠障害が定義されています。 このホームページでは睡眠医療に関する情報を紹介していきたいと考えています。