■ピット8 ■パート2 TECH21 YAMAHA FZR750'85 #21 平忠彦/K.ロバーツ (ベースキット TAMIYA OW01)



TECH21 YAMAHA FZR750'85 #21 パート3へ

2004.10.〜24



複製するためにセンターから左右にピラニアソーで切断しました。
切断面に0.3mmプラ板を貼り、のこ厚を補うとともに切断面のレベルをそろえました。 2004.10.〜24



テールランプを製作。これはクリアパーツになります。

2004.10.〜24



フレー全体に溶接跡をエポパテでいれました。ステップ取り付けステーを製作。ステップ取り付けステーに施されたステップ位置
調節用の穴はエッチングメッシュを切って埋め込みました。0.5mmの穴がきれいにならんでいます。
フレームにエンジンとマフラーを仮組み、問題なし。

2004.10.〜17



4 in 2 to 1にまとまる構成の排気系をプラパイプとエポパテでつくりました。

2004.10.〜10



OW01のエンジン(左)をベースに改造用差し換えパーツを製作しました。乾式クラッチの回りの白い部分は積層プラ板です。
ボルトは市販の改造パーツの小型リベットを貼り付けました。エンジン底部はエポパテで製作した差し換えパーツです。

2004.9.〜22



当初ヘッドランプは1灯で作るつもりだったが、モデラーズGPにボルドール24耐ソノートヤマハバージョンでエントリー
することになったので急きょデュアルヘッドライトに変更しました。複製後はTECH21とソノートヤマハの同時進行です。お楽しみに(^_^)v

2004.9.〜3







サイドビュウです。タンクもシートカウルもワイドにボリュームをつけて、テールは延長しています。

フロント部はスクリーンも含めてかなりワイドに修正をくわえた。逆にナックルガードはもう少し狭めた方がいいかも。



暑い夏、そしてオリンピックも終わり模型の秋がやってきました(^_^;。 FZRもフォルム、バランスを資料と照らし合わせ、
全体的に修正を繰り返し加えようやくここまでこぎつけました。まだまだ完璧ではありませんが、だいぶまとまったかな?
これからは全体をつめながら、ディテールも作っていくことに。エンジン下のフレームはプラ板で製作。ちょっと苦労した。

2004.7.〜19



インナータンクも作ってみました、実はダミータンクが肉厚なので実際かぶせることは困難(^_^;。
オプションパーツとして差し換えでディスプレーしようかと。

2004.7.〜11





ただもくもくとモデリングしていきます。サイドの大穴を開けた時点でタイヤを組み込み自立させた。(^_^;。
これで全体が把握できる。特長てきな頭でッかちなフォルムもいいかんじ。

2004.6.〜27



だいぶ外観がみえてきた、と同時にかたちのくるいもふえてきた(^_^;。
これからは全体的にちまちまとディティールをつくっていくことになる。取りあえず泡盛タイム(^_^)v

2004.6.〜27



今回はスクリーンをバキュームフォームでつくります。その型をつくります。
側面のガイドをプラ板で作り接着しました。天面図を直接ペンで書き込みこれらをたよりにエポパテをもります。
あとはきれいな球面になるように根気よくペーパーがけします。

2004.6.〜26





いよいよ夏直前。8耐まで1ヶ月、こりゃ完成まにあわん。今週は一番特徴的なごっついヘッドライトまわり。
まずはあまり細かいことは考えずにプラ板で枠組みしました。後にパテをつかってテーパーをつけていきます。
フロント開口部もカッターとリューターでちまちま削っていきます。ライトの穴は13径のプラパイプを埋め込みました。
資料写真と見比べながら、問題箇所を見つけて修正していきます。

TECH21 YAMAHA FZR750'85 #21 パート1へ