デッサンを身につけるには

掛川和彦/素描を習う/少女像

講師作品 木炭デッサン ドナテルロ少女像 ©kazuhiko kakegawa

デッサンとは何か

デッサン(素描)の力

美術には油彩・水彩・パステル・鉛筆…といった様々な表現手段と、絵画・デザイン・イラストなどといった多岐に渡る表現分野があります。

これら美術表現の全てに共通する、基礎・基盤となる力をデッサン(素描)の力と呼びます。

単色(モノトーン)の画材を使う意味

鉛筆や木炭などモノトーンの画材を使うのは、それらの画材がシンプルであるゆえにごまかしがきかず、いま取り組むべき課題がはっきりするから、というのが理由の一つです。
紛れにくい分だけ課題がはっきりと見えてくると言ってもいいかもしれません。

モノトーンの画材を使って描くことがデッサンなのではなく、 デッサンを鍛えていくためにこれらの画材が効果的である、ということです。

「モノトーンの画材で描いたもの=デッサン」ということではない

しかしだからといって、モノトーンの画材で描いたものは全てデッサンなのかといえば、そうではありませんし、
色材(色のある画材のこと)を用いた制作に、より深いデッサン力が必要とされる。また、そういう気持ちで用いていかなくてはいけません。

分かりにくい言い方になっていると思いますが、ここは実際に教室で描きながら身につけていっていただく部分だとご理解ください。

実際に描くことなく、デッサンを理解することは不可能です。

教室では主に木炭と油彩を制作していきますが、
デッサンはその両方の表現を貫いて、常に取り組まれている課題であり

言い換えるなら、
デッサンを勉強するために、木炭と油彩という二つの技法を交互に使って絵を描いていく。
と言ってよいと思います。

ただ、あまり硬く考えないでください。
教室のカリキュラムに関する考え方の一端をお話したまでで、毎週のレッスンでの大切なことは

楽しく、真剣に、集中、!
です。

関連記事

関連記事もご覧ください。

デッサンを軸とした自然な上達

自然な上達を

デッサンとは、美術の軸となる力であり、油彩、水彩、イラスト、キャラクターデザイン、アニメ…など、全ての表現手段と表現分野において必須のものです。

どのような作品を作っていくのだとしても、先ずは基礎となるこのデッサンの力を養って、しっかりと身につけることが大切です。

そしてその上で自分に合った表現手段を選ぶようにすることで、無理なく自然な上達へと繋がります。

常にデッサンの向上を目指して

作品制作の題材/主題となるものを「モチーフ」と呼びますが、小野路デッサンと絵の教室では全てのカリキュラムとモチーフに共通した大切な要素があります。

それは、常に「デッサンの力が向上していくこと」を目的としてモチーフが組まれているということです。

しかしそれは変に難しかったりややこしいモチーフ、ということではありません。

たとえば安全な食べ物が自然な甘さと美味しさそして高い栄養価を備えているように、 質の高いモチーフにも描いていて深い味わいがあり、興味深く描いていくといつの間にか高度なデッサンの力が身につく、高い栄養が備わっているのです。

関連記事:

 HOME  講師紹介  美術コラム  お問い合わせ  Q&A  サイトマップ |